LIXILリアルティ.comスマート不動産オーナーズ

空室対策・リフォーム
LINEで送る

更新日 : 17/04/03

低予算でライバルに差をつける、リフォームのコツその②タイプが異なる3つのリフォーム事例

DIYer’s Party/「大家さんのDIYがっこう」主宰
DIYアドバイザー 石井麻紀子

リフォーム事例「物件の診断・対策」と「結果」

大家さんからのご相談やご要望には様々なものがあります。そのなかからタイプの異なるリフォーム事例をご紹介します。

事例1.古さを味方にしたガレージ風

◇東京都中野区、西武新宿線の最寄駅から徒歩3分、築38年、木造2階建て、1R(13㎡)、家賃4万円。

◇工期3日間、費用約23万円。

●診断

外観の古さと、風呂なし・トイレ共同がネックとなり、駅近、コンビニ近の好条件にもかかわらず空室になっていました。

●リフォーム対策のポイント

①壁に色を取り入れて、白一色の寒々しい印象を払拭し、おしゃれな雰囲気に。②古材や照明を効果的に使い、男女共に人気のガレージ風に仕上げました。

●反響・効果

家賃を下げずに募集したところ、インターネットで写真を見た大学生になる男性が成約(内見なし)。大学生は4年間住むことが多く、家賃は親御さんが支払うので安定経営につながりました。

写真1

事例2.「パリのアパルトマン」風

◇東京都中野区、西武新宿線最寄駅から徒歩7 分、築27年、木造2 階建て、2DK(39.66㎡)、家賃11万5000円。

◇工期5日間、費用約40万5000円。

●診断

駅から徒歩10分以内、日当たり良好、出窓付き、広い収納など好条件が揃う割に印象が薄いため、ターゲットを絞り込んだ部屋づくりが不可欠と判断。壁クロスが白一色で奥行き感がなく、実際より狭く見える点も要改善と考えました。

●リフォーム対策のポイント

①カップルや女性同士のおしゃれなルームシェアを想定。「パリのアパルトマン」風をイメージし、壁紙はモダンな柄物や、男女共に好まれる色調に変更。②照明をシャンデリアに変更。③ 押し入れの中板を外し、ウォークインクローゼット風に改善。

●反響・効果

賃料1万円アップでも内見数が5倍に増え、入居希望者は3組に。空室に苦しんでいた物件が一転、選ぶ立場になりました。

SONY DSC

事例3.外国人を意識して和モダンに

◇東京都大田区、京急空港線の最寄駅から徒歩4分、築26年、RC造3階建て、3LDK(68.04㎡)、家賃15万9000円。

◇工期3日間、費用約32万円。

●診断

無難な原状回復のみで特徴に乏しく、暮らしのイメージがわきにくい物件。部屋数が多く家賃も高いため、ターゲットが限定されがち。ファミリーだけでなくルームシェアにも対応すること。また羽田空港に近いため、外国人需要も見込めると判断しました。

●リフォーム対策のポイント

①ルームシェアを想定して3つの個室を異なるテイストに。②外国人入居者も視野に入れ、一室をインパクトのある和モダンに。③デッドスペースに棚を作り、収納内部にも色を塗り、おしゃれな印象に。

●反響・効果

家賃を下げずに成約。入居者は日本でビジネスを行う外国人母娘3人でした。施工作業には大家さんも加わり、DIYスキルを習得。以後、退去のたびにDIYして満室を維持しているそうです。

写真3

※リンク
低予算でライバルに差をつける、リフォームのコツ
その①成功の秘訣は「住む人目線で考えること」
その②タイプの異なる3つの事例
その③頑張りすぎずに効果を高める方法

(プロフィール)
いしい・まきこ 兵庫県生まれ。IT企業のOL、ホームセンターの売り場責任者などを経て、2006年DIYアドバイザー資格取得。2011年、「DIY女子部」入部。2014年、同部のメンバーと3人で「DIYer s’Party」を立ち上げ、賃貸オーナー向けにサービスを開始する。「大家さんのDIYがっこう」を展開するほか、UR高島平団地/国立富士見台団地施工、セミナー講師、メディア出演など精力的に活躍中。

DIYer’s Party http://diyersparty.com/
大家さんのDIYがっこう https://www.facebook.com/ooyadiyac/

ページの一番上へ