LIXILリアルティ.comスマート不動産オーナーズ

相続・税金
LINEで送る

更新日 : 17/02/06

「事業承継」のコツとタブーその③承継成功のカギは「万全の準備」

bda216dd65319f469eb48d04c929bf84_s

大家さん専門税理士賃貸オーナー 渡邊浩滋

準備を万全にする6つの手順

事業承継を成功させるには、次の6つの手順で行うことをおすすめします。どれだけ準備を万全にするかが、カギになります。

①資産管理表を作成する

まず、オーナー様自身が資産の内訳や価値を把握することが不可欠です。そこでやっていただきたいのが、資産と人脈の棚卸しをして、物件ごとに資産管理表を作成することです。一覧表にすることで資産全体を俯瞰でき、何を引き継がせて、何を処分・売却するかが見えてきます。主な必要項目は次の通りです。

・資産管理表の必要項目

◇立地:住所、最寄り駅、土地面積、取得年・取得原因(購入、贈与、相続など)、固定資産税評価額

◇建物概要:構造、規模、建築年、間取り、賃料、インフラ、設備

◇今後の方針(修繕計画など):5年以内にやること、10年以内にやること

◇修繕管理状況:管理形態、管理会社、連絡先、担当者

◇借入金(借入の条件を知る):金融機関名、借入金残高、借入条件

◇保険:保険会社、保険金額、保険期間

◇修繕:修繕履歴、修繕担当、連絡先

②承継者を選ぶ

次に、どの物件を誰に引き継がせるのかを考え、事前に承継者(候補)と話をしておきましょう。相続のことは話しにくいと感じる人もいますが、ここでしっかりと、賃貸経営を引き継いでもらいたい思いを伝えることが大切です。

③遺言書を作成する

承継者が明確になったら、遺言書を書きましょう。確実に残しておくなら公正証書にするべきです。あとから承継者を変更する場合には、遺言書を書き直せば、新しいものが有効になります。

④承継者に権限移譲する

いよいよ実際に承継者に賃貸経営を教えていきましょう。不動産会社さんとの打ち合わせに同席させるなど、賃貸経営を体感させることから始めて、少しずつ権限を与えていくのがおすすめです。

⑤引き継ぎたいと思われる資産にする

①〜④と並行して行っていただきたいことがあります。それは、資産のマイナス面の改善です。傷んだ建物のメンテナンス、借入金の返済などはできる限り承継者にしわ寄せがいかないよう、ご自身の代で解決するようにしましょう。

⑥事業承継を実行する

相続、生前贈与、法人化などの方法により、事業承継を実行します。もし、相続税がかかるようであれば、相続税対策を同時に進めていくのがよいでしょう。

日頃から、コミュニケーションを大切に

事業承継は、オーナー様と承継する人が一緒になって行うものです。そのためにはコミュニケーションが大切です。私の経験上、親子だけで向き合うよりも、税理士や管理会社などに同席してもらったほうがスムーズに話し合えることが少なくありません。上手に第三者を利用して、事業承継を成功させてください。

※リンク

「事業承継」のコツとタブー
その①事業承継は元気なうちから始める
その②「承継の方法」と「承継者選び」のポイント
その③承継成功のカギは「万全の準備」

(プロフィール)

わたなべ・こうじ 税理士・司法書士。明治大学法学部卒業。総合商社勤務を経て税理士となる。2008年、両親から危機的経営状態のアパート5棟86室を継ぎ、税理士業と並行して経営を立て直す。‘11年、独立開業。税理士・司法書士の強みを活かし、不動産のスペシャリストとして、また大家の視点から賃貸経営のアドバイスを行う。セミナー、講演多数。著書に「ライフサイクルから考える賃貸経営の税務Q&A」、共著に「大家さんのための超簡単!青色申告」がある。

http://www.w-sogo.jp/
http://ameblo.jp/zeirishiohya/(ブログ)

ページの一番上へ