LIXILリアルティ.comスマート不動産オーナーズ

空室対策・リフォーム
LINEで送る

更新日 : 17/01/09

賃貸物件のアンチエイジングケアその②「室内」と「建物・設備」対策のポイント

448fe9d1a0e1771ecd74e23c283e15e7_s

「間取り」「収納」の若がえり

まず、室内でぜひ行いたいアンチエイジグケアについてお話しします。

さまざまな対策や方法がありますが、なかでも重要なポイントとなるのが「間取り」と「収納」です。

●検索にかからない部屋は、存在しないのと同じ

部屋が仕切られた2DKや3DKなどは、家具が思い通りに置けなかったり家族とのコミュニケーションが取りにくかったりします。最近人気の間取りはLDKタイプが主流となっています。それによって、どのようなことが起きているでしょうか?

現在、約8割の人がインターネットで部屋探しを行います。その際、1LDK、2LDKなどで条件入力をするケースが多く、結果的に2DKや3DKは検索にかからなくなっています。立地や物件の状況にもよりますが、そのために間取り変更が必要となっている物件もあります。

●「少ない収納」は、常に不満項目の上

入居者ニーズの調査で、常に不満の上位に挙がるのが収納です。収納は新たに増やせないとお考えのオーナー様もおられると思いますが、それでは入居者に選ばれない部屋になってしまいます

収納は、デッドスペースや壁面を活用するなど工夫次第で増やすことができます。収納が少ない・使いにくい部屋は早急に検討されるとよいでしょう。

ヒントは現場にあり、まずは足を運ぼう

次に、生活するうえで最も基本的な建物や設備について、チェックポイントを具体的にお話しします。

アンチエイジングケアは、現地調査から始まります。そこでまず、オーナー様にやっていただきたいのが物件に足を運び、老化度をチェックすることです。ヒントは現場にあるからです。また、愛情をもって自己物件をチェックできるオーナー様は、現地調査を行う一番の適任者だからです。

物件を見る時は、入居者が快適かどうかという視点に立地、管理状況や健康状態を把握することが大切です。きっと、これまで見過ごしていたことに気づかれるでしょう。現地調査には「建物調査」と「エリア調査」があり、主なポイントは次のとおりです。

●アンチエイジングのための「現地調査」のポイント

1.建物自体

周辺環境の変化、アプローチ、外観、共用部、室内の使用状況、建物(外部、内部、設備等)の劣化状況など

2.管理状況

破損箇所の放置、ゴミ置場(分別違反、粗大ゴミ放置)、敷地まわりのゴミ、雑草の放置、郵便受け(チラシの散乱)、共用廊下に置かれた私物、駐輪場(自転車散乱、所有者不明の自転車)など

●エリア調査のポイント

1.募集条件

家賃・敷金・礼金が周辺相場に比べ適正か

2.ニーズ

ターゲット層のニーズに合っているか

現地を訪れる時はポイントをリストアップして持参しましょう。意識が高まり、一つ一つ確認していくことでチェックのもれを防げます。

※リンク

賃貸物件のアンチエイジングケア
その①物件も人の肌と同じく老化を予防できる
その②「室内」と「建物・設備」の対策ポイント
その③事例.築30年マンションの調査とケア

(プロフィール)

にしむら・さとる 1968年、千葉県生まれ。日本大学生産工学部建築工学科卒業。「物件再生・資産活用」のトータルコーディネーターとして、費用対効果を最善に考えた物件リフォームを数多く手がける。自社物件の管理・経営も行い、セミナー、講演などでも活躍。『リノベーションで、満室経営』(週刊住宅新聞社)、ノウハウ満載の『満室経営DVDセミナーシリーズVol.1』も好評

ページの一番上へ