LIXILリアルティ.comスマート不動産オーナーズ

空室対策・リフォーム
LINEで送る

更新日 : 17/01/02

賃貸物件のアンチエイジングケアその①物件も人の肌と同じく、老化を予防できる

1392d83442d42b13e73afa990d6cf10e_s

貸経営アドバイザー
ライブスby西村建設(株)常務取締役 西村 哲

賃貸物件は生きもの。だからアンチエイジングケアを!

魅力的なアパート・マンションとは、入居者さんや内見者さんに「豊かな生活が実現できる」「安心して生活ができる」「新しい生活、新しい自分を実現できる」「建物と一緒に成長できる」など希望や夢、可能性を感じさせてくれる環境・場であることではないでしょうか。

●時代とともにコンセプトも劣化する

賃貸物件の建物、外装、内装、設備、そしてデザインやコンセプトも時間とともに劣化し、魅力や競争力は衰え、そのままにしておくと退去が続きます。

空室対策として家賃を下げると入居者の質も下がり、さらに退去が出るという悪循環に陥り、資産としての市場価値は下がり続けるばかりです。

そこで不可欠なのが、物件の健康を保ち、魅力を失わないためのメンテナンスです。

賃貸物件も人の肌と同様、老化を予防できる

人の肌は、スキンケアを毎日ていねいに行えば老化を遅らせ、気持ちを若返らせることができます。賃貸物件もそれと同様、手入れをすることで老朽化を予防し遅らせ、常に入居者さんが集まる元気な物件にすることができます。

建物の点検・修繕の時期は、部位ごとに目安がありますが、怠りなく手入れをしていると修繕せずに済んだり、大規模修繕の時期を延期できたり、ひいては支出の削減にもつながります。

●「入居者ニーズ」に対応することもアンチエイジングケア

一方、ソフト面では時代とともに変わる入居者ニーズへの対応が求められます。具体的には設備の機能性、ライフスタイルに合った間取り、安全・防犯に配慮したアップグレード、またリニューアルやリノベーションによる物件再生などが挙げられます。

貸物件を命ある存在として捉え、「生まれ変わるもの・古びないもの」にできたら、どんなに素晴らしいことでしょう。

下記ポイントを参考に、一度、ご自分の物件を客観的に評価してみてください。

●あなたの部屋の評価は?

1.オーナー自身が暮らしてみたい部屋になっているか。

2.不動産会社さんにトレンドを聞き、自分の物件と比べる。

3.入居者層と同年齢の人(自分の子供や知人)に部屋の評価を聞く。

4.インターネットのポータルサイトで競合物件を分析し、比較する。

長期的な視点に立って計画的に

アンチエイジングケアを無駄なく効率的に行うには、自分の物件をよく把握し長期的な視点に立って計画を立てることが大切です。その場しのぎの修繕やリニューアルではなく、プロと相談しながら、今すぐ、今年中、来年中、5年後、年後、あるいは次回退去時など、タイミングや工事内容を決めていきましょう。

※リンク

賃貸物件のアンチエイジングケア
その①物件も人の肌と同じく老化を予防できる
その②「室内」と「建物・設備」の対策ポイント
その③事例.築30年マンションの調査とケア

(プロフィール)

にしむら・さとる 1968年、千葉県生まれ。日本大学生産工学部建築工学科卒業。「物件再生・資産活用」のトータルコーディネーターとして、費用対効果を最善に考えた物件リフォームを数多く手がける。自社物件の管理・経営も行い、セミナー、講演などでも活躍。『リノベーションで、満室経営』(週刊住宅新聞社)、ノウハウ満載の『満室経営DVDセミナーシリーズVol.1』も好評

ページの一番上へ