LIXILリアルティ.comスマート不動産オーナーズ

空室対策・リフォーム
LINEで送る

更新日 : 14/11/17

成約率が上がる「ドレスアップ」のコツ②ドレスアップ成功の3原則

賃貸経営コンサルティングマスター 加藤隆

短期間で満室に!――ドレスアップの効果

これまで、さまざまな大家さんのご相談を受け、一緒にドレスアップの方法を考え、満室を実現してきました。
4カ月以上空室だった部屋でもドレスアップ後、2週間で申し込みが入るケースがほとんどでした。
また、50室中20室が空室だったマンションも一部屋をドレスアップしてショールーム化すると半年で満室になりました。
一度効果を実感した大家さんは、その後は退去と同時にドレスアップを行い早期契約に成功されています。
私は各地の大家さんにご自身で実施していただけるようにセミナーでノウハウを公開し、またセミナーに参加できない方のためにDVDも用意しました。
これまで受講された方やDVDを購入された方から空室が解消できたとの報告をたくさんいただいています。
中には「新しいドレスアップのアイデアを実践したいので、空室が出るのが楽しみ」という方もおられます。
そうなんです。ドレスアップは、大家さんも楽しくなるのです。
ちなみに、お客様がドレスアップに使用した家具や小物類を欲しいと言われたら私はそのまま差し上げています。

内見者の心をつかむポイント

ドレスアップは、次の3原則に基づいて実施しています。

①清潔—-まずはクリーニングが必須

ドレスアップしても、部屋が汚れていては効果がありません。
クリーニングをしても汚れが一部でも残っていると、かえって目立ち、お客様は気になります。
ドレスアップの前に退去後のクリーニングを完璧にすることが大切です。
ただし、クリーニングをしても綺麗にならないものがあります。
とくにコンセントプレートや換気扇、照明の引き紐など手に触れるものは汚れがしみ付いています。
これらはそれほど金額が高いものではないので新品に交換します。
蛍光灯の紐はチェーンにすれば見栄えが向上し汚れも付きにくくなります。
電球も全部交換します。電球は使っているうちに暗くなっていくもの。
交換すれば夜の内見でも良い印象を与えることができます。

②サプライズを与える

部屋の第一印象は、ドアを開けた時に決まります。
したがって、内見者が玄関や居室のドアを開けた時、最初に目が行く場所を重点的にドレスアップします。
それが靴箱なら、その上に花(造花)を飾る、あるいはミラーを置くなど。ベランダの窓が最初に目に入るなら、おしゃれなカーテンを飾ります。
このようにお客様にサプライズを与え、第一印象を良くすることがポイントです。

③ドラマのシーンをつくるつもりで

お客様はこの部屋で新しい生活を新たな気持ちでスタートさせるわけです。
ですから、ここに住むとどんな生活ができるか、ドラマが連想できるようにドレスアップします。
たとえば、綺麗なクロスが掛けられたテーブルに、おしゃれな食器とワイングラスが置いてあれば、おいしい食事のシーンが浮かびます。
また、シングルルームでも友人や彼女(彼)を部屋に呼ぶことを意識します。
ワイングラスがペアで置いてあれば、彼女(彼)を部屋に呼んだ時の楽しいイメージが湧きます。
スリッパやカップ類もペアで揃えるのが原則です。

※リンク
その①住んだときのイメージが浮かぶ部屋
その②ドレスアップ成功の3原則
その③安く、おしゃれな家具・小物を調達する

(プロフィール)
かとう・たかし 1950年、東京都生まれ。芝浦工業大学卒業後、日産自動車に勤務。2007年に早期退職し、親から継いだ築45年のアパート経営に専念。空室と滞納続きの物件を再生し、反響を呼ぶ。現在、ファイナンシャルプランナー、賃貸経営コンサルティングマスターとしても活躍。セミナー、執筆も多数行なう。独自のアイデアや親しみのある人柄で人気を得ている。

ページの一番上へ